スペアナ制御ツール

先日,アンリツのスペアナMS2661Aを中古で入手した.
9kHz~3GHzの帯域で,RBWの最小は30Hz(オプション付)と
性能的には納得して購入したが,測定データの保存方法で悩んでしまった.

20181010_061554

メモリインターフェースオプションが付いていて,
PCカードメモリにデータを保存できるようだが,
今時PCカードメモリなど入手困難なので,SD用PCカードアダプタを使ってみた.

結果は残念ながら,”メモリタイプが異なる”とのメッセージが出てNGだった.
このスペアナが作られた時代にはSDは無かったのかもしれない.

仕方がないので,GPIBかRS232Cポート経由で,
データをPCに転送して表示・保存することにした.
ただ,プログラムを作る必要があるので少々面倒だ.
(なので,できればメモリインターフェースを使いたかった)

測定器といえばGPIBというところだが,
PC側にもGPIBインターフェースが必要になり,面倒なのでRS232Cを使うことにした.
ただ,通信速度が9600bps と,今時としてはかなり遅い感じがするのは否めない.

簡単なプログラムを作って試したところ,うまい具合にデータの取得・表示ができた.

42641369_1386471288151860_1717727983411658752_n

42727699_1386471231485199_1732282193058725888_n

必要な人は他にはおそらくいないと思うが,Windows10で動作するMS2661A用の
データキャプチャソフトをこちらに置いておく (  MS2661A.exe ) 

センター,スパン,スタート,ストップ周波数に関しては,
このソフトからリモートコントロールできる.
通信速度が遅いので,データの取得には  3, 4秒かかる.
これが速ければ,リアルタイムでPCに波形表示ができるのだが・・・

FT817ND   433MHz とその第2高調波
FT817_430M

433MHz拡大
FT817_433.000MHz

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中