Signal Meter

VFOのダイアル表示で行った画像処理を使って,シグナルメータを作ってみた.
バックグラウンドにスケールイメージのビットマップを貼り付けておき,
その上を指針が1つ動くだけなので,VFOのダイアル表示よりは処理は軽い.
とは言え,オブジェクト(今回は指針だけだが)のローテーション,
アンチエリアシングやバックグラウンドとのアルファブレンドといった処理を行い,
16bitカラー表示をするので,それなりの性能のMPUが必要かと思い,
PIC32MX250F128B を使ってみた.
(USBは使わないので,PIC32MX150…でいいのだが手持ちがあったので)

20190925_220237.jpg

20190925_220317.jpg

20190925_221951.jpg

動画はこちら

96x64ピクセルのOLEDにしては,きれいな表示ができた気がする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中